音大出身じゃなくてもなれる。あなたの努力と情熱があれば。



top > ピアノ講師の仕事 > ピアノ講師について


音大出ていないとダメ?


ピアノを教えるために、正式な資格は特に必要ありません。
公的な資格というものがないので、今日から教えます!
とあなたが思えばいつでも始められるものなんです。
言い換えれれば、誰でもできます。

だけど、当然あなたに人並み以上の演奏力と
音楽理論の知識がなければなりません。
もし、あなたがこれから進学の時期を迎える中高校生の方なら
音大を目指してこれから頑張れますよね。
もちろん、専門的に音楽を学ぶ環境にぜひぜひ身をおいて
ほしいなと思います。

でも、就職活動で楽器店などに入る以外、
個人でピアノ教室を開きたい、と思っても
音大を出てもピアノ教室の開き方は誰も教えてくれません。

○○音大出身ということを宣伝文句にしても
すぐに生徒がわんさかときて人気教室になるとは限らない
のが難しいところです。
やっぱり最初は自分で動かなければなりません。

もし将来音大を卒業した後、ピアノ教室を開きたいと思っている
学生さんにもきっとこのサイトはお役に立てると思います。

そして、音大を出ていないけど、ピアノの修練はかなり積んである、
結婚して子育ても一段落、これから新しく教室を開きたい、
と思っているあなたにももちろん読んでもらえたらうれしいです。

管理人は音大を出ていません。だからこそ苦労も遠回りもしました。
だから、音大出身ではないあなたの今の不安がとってもよくわかります。
そのへんの不安要素もとりあげながらお伝えしたいと思います。

「ピアノを教える」ということは、
音大で学んだすべてを教え込むこととは違います。
あなたが今まで学んできた技術、知識、音楽性を自分の中で消化させ、
教える生徒に合わせて、必要なものを教えていくことだと思うのです。

ピアノを教えるにあたっての一番の目的は、
シンプルに言うと「ピアノが弾けるようにする」
ということですよね。

そして「ピアノという楽器に親しんで、音楽に触れる喜びを伝えていく」
ことがピアノ講師のお仕事ではないでしょうか。

そして、そのためのアプローチの仕方は生徒によってさまざまです。

もし、あなたが人並み以上のピアノの腕前があるのならば、
そのプロセスは自分の経験として経験済みですよね。
それをさらに噛み砕いて、誰にでもわかるように教えられるテクニックを
磨いていければ、誰でもピアノを教えることができるのです。

私も実際、演奏力も今思うと自分を買いかぶるにも程がある…
という程度だったんですが、「なぜかやっていける!」
なんて根拠のない自信があったんですね(汗)

だけど、私がピアノを教えることを仕事にしようと思ったとき、
音大に行かなかった分、音大を出た人以上に努力はしようと思いました。

昔、私がピアノの講師になりたいと思い、ある楽器店のベテラン営業マン
を紹介してもらいました。その人がこうおっしゃいました。

「あなたのような、音楽ばかりでない経験をしたピアノの先生という
 存在はこれから必要だと思いますよ」

きっと不安で仕方なかった当時の私に、自信を持ってもらうために
そういうふうに励ましてくれたんだろうなと思いますが、
その言葉はだいぶ私を後押ししてくれました。

これまでいろんな先生と出会い、お付き合いさせていただいています。
みなさん魅力あふれる素敵な人たちばかりです。

ただやっぱり、私ははそれまで「音楽ばっかりやってた」
という経験がないのでその違いは確かにあると実際に感じるし、
こういうサイトを作ろうと思ったのもそういう部分からかもしれません。

そういう違いが私にしかできないことが必ずある!という思いにさせ、
それが、人とは違う私なりのピアノ講師になろう!という
エネルギーにつながるように思います。

だからこそ、当然音大を出ていない分の努力はしないといけません。
音大出ていなくても教えることはできますが、
人並み以上の努力は絶対に必要です。

音大出じゃない先生で、とてつもない実力をお持ちの先生もいます。

だけどだいじょうぶ!
教えることに情熱を持っているあなたならきっとできます。
なぜなら、すごくふつーのこの私にもできたんですから(笑)

大事なのは、教えるという「情熱」
この「情熱」があなたのエネルギーを大きくすると思います。