ピアノオンリーだけの教室だけじゃない、複合的な教室もあります。



top > ピアノ講師の仕事 > 近頃のピアノ教室


個人教室のいろいろ


ちょっと内容が重複してしまう部分があるかもしれませんが、
私が知ってる範囲でご紹介してみたいと思います。

例えば、どんなピアノ教室があるでしょう。
個人で開く教室の場合、自分のカラーを出しやすいという部分で
アイディア次第で、個性を生かした教室作りも可能ですよね。

  • 歌が得意な先生は、声楽も取り入れた教室。
  • 乳幼児からの導入期の生徒の指導に自信がある教室。
  • エレクトーンもピアノもどちらも教えてもらえる教室
  • リトミック、ソルフェージュをふんだんにカリキュラムに取り入れた教室。
  • 他の楽器も加えたアンサンブルも取り入れて、グループレッスンの形が確立された教室。
  • ポピュラー、アレンジ系が得意な先生はポピュラーにも力をいれた教室。
      ↑ここは私も新たに開拓したい部分。
  • 英会話も学べるというピアノ教室。
  • 大人の生徒さんの指導に力を入れた教室。


  • などなど。

    まさか!?という組み合わせもあるので
    ピアノ以外に何か相乗効果をもたらすような特技はないか?
    もう一度考えてみてもいいかもしれないですよね。

    私はピアノしかできないので、ピアノのほかのプラスαがある先生
    というのは非常にうらやましく、大変な強みだと思います。
    特に、発表会などはプログラムがバラエティに富んで楽しいものになるでしょう。