管理人も最初は出張レッスンばかりでした。自宅レッスンでは見えないこの仕事の大事な部分がわかったりします。



top > ピアノ講師の仕事 > 近頃のピアノ教室


出張レッスン


出張レッスンとは、自分のうちに通ってくる生徒に教えるほかに、
生徒さんの自宅に先生が伺って教えるというスタイルのレッスンです。

子どもをピアノに習わせたいけど、下に小さい赤ちゃんがいて
教室まで通えないというお母さんや、
平日はお仕事で、レッスンの送迎ができない、
土曜日に先生に来ていただきたいというおうち、など、
家庭の事情があって教室通いが困難な場合に
先生が自宅にきてくれるというのは、そういう父兄にとって
利用したくなるレッスンの形態の一つのようです。

実際、私も初めは出張レッスンがほとんどでした。
ピアノ教室を始めた頃は、この出張レッスンでレッスンの経験を積み、
自宅教室で教えることの自信になったという部分もあります。
今も、出張レッスンは引き受けています。

私がピアノ教室を始めた頃よりも、出張レッスンのニーズは増えている
ように思います。
出張レッスンって「出稽古」みたいなイメージがあって、
自宅に生徒が集められるようになって一人前みたいな
感覚が当時ありましたが、今は必要なレッスン形態だと思うようになりました。

出張レッスンのメリットは、自宅に来てくださる生徒さんよりも
父兄とのおつきあいが多くなるため、信頼関係を築きやすいところです。
ですから、こちらの姿勢にも非常に協力的になっていただきやすく、
安心感もありますね。
そして、お子さんのレッスンについての不安や疑問も
受け取りやすいので、レッスンに迅速に対応できるのも利点です。

デメリットは、やっぱり時間のロスでしょうか。
30分のレッスンのために、自宅から生徒宅まで移動時間を入れると
この時間で自宅だったら、3人は教えられるのにな…という時間的なロスです。
あとは、生徒宅のレッスン環境がこちらが思うようには
いかないのはしょうがないことですね。
例えば、階段の踊場にピアノがあるとか(笑
できるだけ、理想の環境にしていただくように協力していただきますが。

だけど、私の場合ずーっと自宅にいて教えると多少煮詰まってくるので、
自分が出向いて教えに行くというのは、気持ちの切り替えもできて
新鮮な気分になって自分の中でちょうどよくバランスを保てると感じています。
だから、このスタイルは自分には合ってるかな?って思います。

でも、自宅レッスンと出張レッスンを平行して仕事をするのは
実際スケジュール管理が大変なので、これもあなたが
どういうタイムスケジュール、スタイルで教室を運営したいか、
ということにかかってくるわけですが、
出張レッスンとはどんなものか?っていうことを
ピアノ教室を始める前に頭の片隅に置いていただくのは
無駄な知識ではないと思います。