レッスンスケジュールの組み方を考えましょう。



top > 教室を開く準備 > 環境づくり


レッスンスケジュールを作る


レッスン室、楽器が準備できたところで、
実際のレッスンについて考えてみましょう。
どんな教材を使ったらいいか?なんていうのは後です。
まずは、どんなタイムスケジュールでレッスンを行っていくかです。

例えば、週1回のレッスンにするのか、月何回のレッスンにするのか
それとも、年間何回と決めるのか。
そして、補充レッスンはするのか、しないのか。

しっかりした教室だと信用してもらうために、自分の中でガイドラインを
作っておきましょう。
生徒がきてから考えたのでは、後手後手に回ってしまって
アバウトな印象と受け取られかねません。

レッスン回数は、ピアノ教室によってさまざまです。
年間で44回、42回、40回、のところもありますし、
月3回(年間で36回)、月4回(年間で48回)のところや、
チケット制、という所もあります。

私の場合は、初めは週一回でレッスンしていました。
しかも生徒が休んだ分も振り替えてレッスンするということまで
やっていたため、自分の勉強のためにコンサートに行ったり
講座に参加したりという時間がなかなかとれなくて
非常にストレスがたまった経験があります。
レッスンをこなすだけで精一杯という状態…。

今はハッピーマンデーなどの導入により、週1回のレッスンで
どの曜日も年間48回のレッスンを確保できなくなってきました。

5週ある曜日に振り替えるなどして無理すればできますが、
これはかなりきついかなと思います。
もちろん、そのスケジュールでレッスンされてる先生もいらっしゃいます。

あとで触れますが、そういったことは「レッスン規約」というのを作って
申し込み時に生徒さんに提示し、同意をいただけたらご入会という
スタイルをとっています。

あなたが滞りなくレッスンを進めていくために、どういうスタイルで
レッスンしていきたいかでカリキュラムを決めるといいでしょう。

ピアノ講師は、ある種「自営業」ですので、あなた以外の身代わりがいません。
自分の体一つでやってかなければならないので
生徒がまだ少ないからといって、どんどんサービスしてたくさん
レッスンしてしまうと、生徒が増えてからしんどくなって、
システムを変えたくても変えにくくなってしまいます。
よく考えてカリキュラムを組みましょう。