あなたはピアノの先生でもあり、マネージャーでもなければいけません。



top > 教室を開く準備 > 環境づくり


スケジュールの管理


これは、カリキュラムについてとちょっと重複してしまうかもですが、
ここでは具体的にどうしていくかということをお話したいと思います。

例えば、月4回にした場合、月によっては5回ある週もありますよね。
そういうときは、5週目をお休みすると最初から言っておくか、
それとも、来月は5回あるので、ここをお休みしますと前もって
お伝えしておくのがいいでしょう。

いきなり「来週はレッスンお休みにするね」なんていうのはNGです!
前に、出張レッスン先の生徒が言っていました。

「近所のピアノ教室は、レッスンの日に行くと『今日はお休みね』って
 いきなり言われるんだってよ!!」と。

そこのピアノ教室がしっかりしてるかどうかがわかるのは
スケジュールをきっちり決めておいて、事前に提示できる状態に
あるかどうかです。

たとえ、あなたの性格が「まぁいいじゃーん」とあまり細かいことに
こだわらないタイプだとしても、これは仕事ですから
仕事としてきっちりしておくことです。
しわ寄せは自分にしか帰ってこず、その苦労は生徒さんにはわかりません。
だから備えは常に万全にです。

たとえ、時間がたくさんあっても、レッスン時間を延長したり、
振り替えレッスンを気軽に引き受けたりなど、
あまりサービスしすぎないようにしましょう。
レッスンをゆるくしてしまうと、父兄のほうでもだんだん
なぁなぁになってけじめがつかなくなってしまいます。

例えば、
「時間までいけないので○時からでいいですか?」
「来週は無理なので○日にレッスンしてもらえますか?」
などなど。

でも、それは父兄のせいではなく、その都度柔軟に対応してしまう
先生の責任です。

私は、毎月末に「教室だより」のようなお便りを発行しています。
そこに、来月のスケジュールを載せて、生徒はそれを見て
レッスンに通ってくるというわけです。

あまり良心的になりすぎて、あとあと自分で苦しんでストレスを
感じないためにも、お互いが気持ちよくレッスンを受けられるように
スケジュールはしっかり決めておきましょう。