Piano Life 〜ピアノ教室を開こう〜   詳しいチラシはもらう側にとって親切です。情報はなるべく詳しく。

メインイメージ

魅力的なチラシ①新聞折り込み用のチラシ

先ほどの二つのタイプ別に、チラシを準備してみましょう。

☆新聞折込み用のチラシ。

新聞に折り込まれるので、カラフルなさまざまなチラシにまぎれてしまわないように、 存在感のあるチラシを作りましょう。大きさはA4でいいと思います。

ただ、教室名と指導者の名前、連絡先、くらいしか載せずに 詳細はお問い合わせくださいというような

「問い合わせないと詳細がわからないチラシ」

これは絶対ゴミ箱行きですから(笑)こういうのは作らないでください。 不親切な上に、まったく募集の意図が感じられませんし、行きたいと思われないと思います。

生徒さんに親切にご案内するという気持ちが大事なので、

入会までの流れをちゃんと示す
どんなレッスンなのか?を明記する(対象、ジャンル、カリキュラム等)
どういう環境のレッスン室なのか、どういう雰囲気の教室なのかも書く
月謝も載せておいた方いい(直接申し込みしやすいです)

アピールはなるべくくわしく載せたほうがいいと思います。 スイミング教室や、スポーツクラブのチラシなどは参考になりますよね。 ほんとに詳しいし、行ってみようかなという気になります。

「無料体験レッスンしてます」
「レッスンの見学もお気軽に♪」

等の良心的な面ももらさずアピールしておきましょう。

問い合わせる人の安心感が増しますし、ここまで載せてあれば 「わからないことを聞くための問い合わせ」ではなくて 「入会希望」の問い合わせになるはずです。

私の場合は、レベル別に月謝の額を変えています。これは最初に安く設定してしまった名残です(汗)ですが、生徒のレベルアップとともに月謝もちょっと上げると私自身の教える気合いも変わってくるのでこれはこれでよかったかなと思いますけど(^-^)

ページトップへ戻る

メルマガはこちらからMail Magazine

ブログには書かない音楽教室運営のヒントをお送りしています♪今すぐ登録☆

ブログやってますBlog

ぼちぼち更新しています。コメント返してます♪

Copyright(C) Piano Life 〜ピアノ教室を開こう〜 2007~2018 All Rights Reserved.