top > 運営・管理 > 経理について


確定申告について


自分でピアノ教室を開いたら、確定申告ってしないといけないんだろうか?
というふうに思う方も多いと思います。
2月ごろに、ブログで「確定申告について」という記事を書きました。

簡単にしか書かなかったんですが、自分でもびっくりするくらいの反応を
いただきまして、なんとweb拍手が一番多い記事となりました。
本当にありがたいことに今でも拍手をいただきます。

確定申告すべきかどうか?というのは、やはり関係各機関に聞くのが一番です。
例えば、ピアノ教室の広告を何かの紙面に出したり、
タウンページに載せたりするときは、それだけ知られることになるので
気をつけたほうが(何をだ・笑)いいように思います。
あと看板を上げたりすると、目につきますよね。
内容がブログと重複してもなんなので、支出項目について少しだけ
詳しく書いてみようと思います。

申告書に記入する前に、その年の総収入額と、総支出額を
計算しなくてはいけません。
収支内訳表という用紙に記入します。収入額はお月謝ですからすぐ出せますよね。
減価償却費というのは、ブログでも書きました。
例えば、グランドピアノ一台今年一括で買ったとします。
普通なら、グランドピアノ代(いや、この項目はどうかと思うけど・笑)で
支出にあたるんだよね、と一瞬思います。

が、グランドピアノ一台、今ヤマハのC3で200万くらいします。
レッスンをするために必要ですが、これは大きな設備投資です。
これをその年の支出項目にどん!と200万と計上したら、
その年は税金を払わなくてはいいんではないかというくらい(=赤字)、
ありがたい数字になります。
ですが、こういった営業する上で巨額な設備投資したようなものは、
何年も利益をもたらしてくれる固定資産と考えるようなのです。

一度にその年の支出としてしまうのではなく、
その価値が年を追うごとに減少すると考えて、ピアノならピアノの総額から
その価値の減少分を費用化して計上するというのが、減価償却費というようです。

ピアノは耐用年数が5年と決められています。

これは税理士さんが言っていましたが、ピアノが2台あるなら、
一台は仕事用、一台は私用ということで、
一台分の金額100%で5年で償却できます。
一台だけだと、100%は認めてもらえないかもしれないと言っていました。
車とかもそうです。もし、母屋と別棟でレッスン室を作ったら、
レッスン室は、言ってみれば「店舗」みたいなもので、減価償却できます。

減価償却費の計算の仕方は、申告書の手引きに書いてあります。
定額法と定率法というのがありますが、
どっちがいいかは専門の方に聞いてください。
そうやって一年分の減価償却費を出し、収支内訳表の
「減価償却費」という項目に金額を記入します。

他の費用もそうです。私用とかぶるような光熱費なども、
レッスンに使用した分だけ、按分(あんぶん)して計算します。
ガソリン代とかもそうです。

あとは、楽譜とか筆記用具とか、レッスンのために買ったような機材類。
私なら、今年は伴奏くんU

内訳表にない項目でも自分で作って大丈夫です。
例えば、「講座受講費」「「楽譜代」みたいに。
損害保険料とかもあれば記入します。とにかく仕事に関わる費用はすべてです。
こういったものを、「収支内訳表」というのに記入し、
収入額から支出額を差し引いたものが、その年の所得額となります。

そして、そして申告書に記入する分は、まず控除になる分を記入します。
国民年金とか、個人年金とか、生命保険とか。
国民年金は100%控除されますが、個人年金、生命保険はたぶん
上限が決まってたと思います。
それらの金額がそろったら、申告書の表(なのか?)に記入し納税額を出します。

自分で直接計算もできますが、ネットの申告書に記入すると
納税額まで計算してくれるので楽ちんです。
⇒確定申告書等作成コーナー
で、税務署に直接もっていくか、封書で送るかして終了。

あの、あとから税金が戻ってくるの?と思われる人もいるようですが、
戻ってくるっていうか、年金とか生命保険料の控除という形であって、
一年分の所得税を計算するための申告なので、税金が戻ってくるということは
ないと思います。会社かどっかに所属してて、
源泉徴収税額があったりしたら別ですが。
支出が多ければ、所得税も少なくて済むって感じでしょうか。
だから、領収書はなんでもとりあえずとっておくことが大事です。
例えば、ガソリン代の領収書なくしたら、ガソリンは絶対入れたはずだけど、
領収書なければ数字が出せないから、その分の支出が計上できないわけです。
すると結果的に、計上されてない分収入から差し引けない
ので所得税も上がっちゃうんです。

あくまで私が専門の方に聞いた分のことを書いてみました。

こんな場合はどうするんでしょう?みたいなご質問は、
お答えできませんので(わからないから・笑)
お問い合わせはご遠慮くださいね^^;

あと2ヶ月ほどで今年も終わりですが、例のごとく準備なんてしてません(汗
2年くらい、12か月分の領収書を分けるために、
12個の封筒を作って、月ごとに入れてたという優等生なことをしていましたが、
最近はそれすらせず、紅茶の箱を領収書入れにして
レシートやら領収書やらを突っ込んでおくくらいで・・・