教材のテキスト選びは、テキストの種類がたくさんありすぎて迷ってしまいますが、要はどのアプローチでいくか?です。



top > 教材選び > 教材を選ぶ


手作り教材


今までは市販のテキストについて、アプローチ別に書いてきましたが
既成のものだけでは、フォローしきれない部分があったり、
テキストを一冊わざわざ買うよりも、自分で作ってしまってもいいのです。

工夫されてる先生は、本当にたくさん手作り教材を作ってて
そのアイディアの豊富なのにはただただびっくりしてしまいます。

私も、講座などに出て使えそうだなぁというものは
手作りして作ることもあります。
私が今まで作ったものをちょっとあげてみます。

☆でっかいおてだま。
幼児が片手で持つにはちょっと重いかな?というくらいのおてだまです。
ぎゅっとつかんで握力をつけたり、右、左交互に音楽に合わせながら
投げたり、リズム感をつかむのにもよいです。小さい子は片手で持ち上げて落とす、
という ことだけでも大仕事のようです。

☆音符カード
全音符から16分音符まで、厚紙に書きます。音符のたまの部分は、
文房具店に売ってる、丸や楕円などいろんな形を書けるプラスチック製の
テンプレートのようなもの(正式名称はわかりません…)を使ってで書くと
きれいに書けます。
市販のカードと違うのは、音符の音価ごとにカードの幅も変えていることです。
4分音符は6センチ四方で作って、2分音符は倍の12センチ、
8分音符は半分の3センチ、16分音符はさらに半分の1,5センチで作りました。

例えば、全音符は4分音符4つ分だということを
その全音符の音符カードの上に、4分音符を4つ並べると、ちょうど重なる
ことを視覚的に理解してもらうためです。

☆リズムカード
↑のカードのほかに、8分音符4つつなげたカード、3つつなげたカード(6/8拍子用)、
付点のリズム(8分音符+16分音符、付点4分音符+8分音符)、
16分音符を4つつなげた カードなどを作って、
いろいろ組みあわせてリズム打ちさせます。
他に、4分休符、拍子記号などを作って、
「ここにあるカードを使って、○分の○拍子になるように並べてみよう」
なんていうこともできます。
このときに、音価ごとにカードの長さを変えていると、リズム打ちするときに
長さを感じてくれるのです。

☆鍵盤カード
これはまだ作ったものの、実用化には至ってません。
調性感をつけてもらおうと、PCで鍵盤を作って、調ごとにスケール音の
鍵盤に色をつけて、さらに指使いまで書いて作ってみました。
ちなみに、カードじゃなくて今のところコピー用紙です。
なので実用化できてないです。これをどう使うか…考え中。

と、このくらいでしょうか。
すいません。手作り教材のページなのに画像が一つもなくて(汗

そんなにたいしたものを作ってないのでわざわざマークアップするのはやめますが(笑
もっともっと作ってらっしゃる先生もいます。
私が今まで見た中であげてみると、

・指番号を認識するために手袋に細工をしたもの。
・移調に強くなるように、多面体に調号を書いて、さいころみたいに転がし、
 出た目の調で、移調して弾く。
・5線譜の「線」と「間」を理解してもらうために
 大きなに、黒い紐で5線を作る。生徒がその5線の上を歩きながら 線、間を体感する。
・鍵盤にしるしをつけたりできないので、鍵盤に合うように切って弾く音にしるしをつけて
 実際のピアノの鍵盤の上に重ねて場所を覚えさせる。
・これは、手作りじゃないですが、赤ちゃん用のおもちゃで野菜が全部半分に
 分かれていて、マジックテープでくっついているものを使ってるのも見たことあります。
 まだ力の弱い小さい子に、くっついた野菜をはがす作業をやらせてみる。
 そのときの指の第一関節に力が入るので、指の訓練になる。

と、こんな具合にとにかくたくさんあります。
ネットで「手作り教材」で検索するといっぱい出てきますので、
必要なアイテムがあれば、作ってみるのもよいと思います。

ただ、手作り教材の注意。

これは、やたらあればいいというものではありません。
それが楽しみで、子供がそのためにピアノに来るようでは本末転倒になってしまい、
それはもはやピアノのレッスンではなくなります。

これは、私の見解なんですが、手作り教材は確かにすばらしいし、
そのアイディアになるほど!と目からうろこが落ちることもあります。
でも同時に唖然とする感覚もあるんです。
「そこまでしないと覚えないものかな…」と。

どんなにすぐれた教材でも「その場だけのもの」に過ぎないので
どの教材でも根気強く続けるということの方が重要です。
本当に効果の期待できるもの、いずれこういうアイテムがなくても
自立に導ける教材を使いたいものです。

「楽しく、遊びの中で学ぶレッスン」の「楽しく、遊びの中で学ぶ」という
方向性を間違ってしまうのも怖い
です。
ピアノレッスンの本質がぼやけないように気をつけましょう。

前述しましたが「先生の自己満足にならずに、バランスを考える」ということが大切です。
いろいろ作ってる先生を見ると、焦ってしまう感じがしますが、
あくまでも、副教材、レッスンの一部の時間に、あなたが生徒にとって必要と思うもの
選んで作ってみましょう。