初めての発表会、まずは「なんのために発表会をするのか?」を考えてみましょう。



top > 発表会を開こう > 発表会を開きましょう


発表会の意義


私がまだピアノ教室を始めて間もないころ、入会される生徒さんの
お母さまがたから必ずと言っていいほど聞かれたのは

「発表会はあるんですか?」

ということでした。

当時、生徒数が10人もいなかったのですが
もちろん、発表会をするつもりでいたので

「はい。もちろん開きますよ」

と答えると、喜ばれて入会してくださいました。

私が思っているよりも、ピアノを習わせたいと思うお母さま方は
発表会にわが子を出したいと思う人が多いんだなぁと思いました。
「発表会」と一言で言っても、何回か積み重ねた経験をするうちに

「どうして発表会をするのか」

という原点に戻って考えさせられる場面が必ずあります。

ただ単に、「生徒さんの日頃の練習の成果をみなさんに
お見せする場」を提供するため、ではないんです。

「わーあんなに小さかった子がこんなに弾けるようになって、うるうる」

もいいのですが(笑)
それで終わっちゃいけません。

それは誰だってできます。

それ以外に、先生として考えておかなくてはならないことがあります。

これが、ほかの教室と差をつけることにもなります。


まず、発表会という一つの目標に向けて、みんなが同じ方向を
向く時期を共に過ごすというのが重要だと思うのです。

ですから、ピアノ教室の立場としては「発表会は当然出るもの」
というスタンスをちゃんと示すことが大事なんです。(私はですよ)
それには、では「どうして発表会をするのか?」という意義を先生がちゃんと
持っていないといけないですよね。

ここで重要なポイントが2つ。

★ 生徒さんにとっても発表会の意義を考える。

★ 先生としての発表会の意義を考える。

特に、二つ目は、重要です。
私はこの意義をかなり考え抜きました。
だから、気を抜けませんし、いつもプレッシャーです。
ですが、終わった後はほんとに涙が出るほど(実際、泣いたことあり^^;)
生徒さんと親御さんとの一体感を感じ、感無量になります。

ちょっと最初から堅いお話になってしまいましたが、
主催者としてまずは、この前提について考えておく必要はあると思います。

発表会の意義についての考え方は「心に残る発表会の開き方」に掲載しています☆