生徒さんへ渡す、発表会のお知らせの文書を作りましょう。



top > 発表会を開こう > 発表会の準備


 発表会のお知らせを作る


会場の予約は、だいたい一年前(または半年前)には決まっています。
もちろん、レストラン、ホテル等を利用のときは、これに限りません。
準備が間に合えば、予約さえ入っていなければいつでも予約可能なはずです。

ま、とりあえず、あなたは発表会の会場を無事、おさえることができました。

次は、生徒さんへの「発表会のご案内、申込み用紙」を作って
お知らせしましょう。

発表会費をお預かりする関係上、時期的に余裕をもってお知らせしましょう。

私は、いつもの白用紙じゃなくて、カラー用紙にバキッと印刷します(笑

これを、だいたい申し込み期日の一ヶ月半くらい前に生徒に渡します。

中にはご兄弟で習ってると、お月謝に発表会費と出費が重なってしまいます。
なので、期日もなんとなく半月ずらしたりします。

先生の中には、出費が大きくなるので、月謝のときに、別に発表会費として
毎月1000円ずつ集金するとか、2回にわけていただくとかしている方もいます。
これはなかなかいい方法ですよね。

実際、発表会の準備に入った場合、領収書と細かいおつりなどで
計算が面倒にならないように、
実際にお金が使うという時までには、全員分申し込みを終わらせるようにしましょう。

お金をお預かりしたら、経費ごとに封筒を作って、
だいたい仕分けしておくといいです。
(お花代、写真代、とかの封筒を別々に作るのです)

どんな経費がかかるかは、次のコンテンツであげますので
その分の封筒を用意しておくといいですよ^^


お便りのテンプレートを知りたい方は発表会マニュアルPDF版へ☆