集合時間、駐車場、服装、マナー、などなどの当日の連絡事項は、お便りにして渡しましょう。



top > 発表会を開こう > 発表会の準備


発表会当日についてのお便りを作る


前のコンテンツでも書きましたが、発表会を事前にお知らせするタイミングが
二つあると思います。

・会場が取れたときに、お知らせする。

・正式に、発表会のご案内として、参加申し込み兼用でのお便り。

です。これは、さきほど触れましたので省略します。

ただ、初めての生徒さんは、どこまで重要視していてくれるかわかりません。
入会時に伝えてあっても、
例えば、その日に家族旅行とかを入れてしまうんではないか。
お友達と遊ぶ約束があるから、発表会はいけないとか言うかもしれない。
最悪、出なくたっていいと思ってる。などなど。

ピアノの経験がなかった人にとって、ピアノの発表会というのは
どんなものか、まったく想像がつかないものです。
逆に、気後れされる場合もあります。

申込用紙を渡す段階になって、出ませんと言われないように、
会場が決まった時点で、お便りなどで、発表会について改めて
ご協力とご理解を お願いしておきましょう。

私は、申し込みのご案内を渡すときは、カラー用紙に印刷して渡したりします。

そしてさらに、発表当日用のお便りも作りましょう。
連絡事項や地図などを書いた、最終チェックお便りです。

発表会マニュアルみたいなものですかね(笑

例えば、会場の駐車場に止めてはだめとか、マナーであったりは、
いろんな方面にご迷惑をかけることにもつながるので、
先生の責任としてお伝えしておきましょう。

書いて渡しておくことで、親御さんも注意しててもらえるので、
先生の負担が少し減ります。

当日なんていうのは、個別に父兄とお話するとか、生徒にいろいろ指示
を出すなんていう 時間はありません。
ですから、生徒さんが迷わないように、前もって
こういうお便りをして、お知らせしておきましょう。
私は、これを作るようになってから、すごく楽になりました。
おすすめです。


発表会当日用おたよりと、当日の必須書類「進行表」の作り方は
「心に残る発表会の開き方」に掲載しています。必見です☆