1人で自信がないときは、まずは2人以上で合同発表会をしてみましょう。



top > 発表会を開こう > 発表会を開きましょう


合同発表会


生徒数が少ないし、経験もないから一人で開催する自信がまだない…というときは
お友達の先生の生徒さんと一緒に「合同発表会」というのはいかがでしょう。

いずれ、一人で独立した発表会を開く前に、準備、プログラムの進行など
まずは一通りこういった場で先生自身も、発表会の進め方を勉強することができます。

他の先生と一緒だと、プログラムにも工夫ができると思うんですよね。
一人より二人の方が煮詰まりやすいことも、二人で考えれば
アイディアも膨らむということもあります。

私も最初の2回はお友達の先生との合同発表会でした。

二人合わせて生徒数はけっこうな人数になりましたが、生徒がみんな小さく
一人の持ち時間が1分少々かなという感じだったんですよね^^

すると、あっという間に終わっちゃうよねーとなって
じゃ、2回ずつ出しちゃおうか。ってことになって、倍のプログラムになりました。
講師演奏として、私たちの連弾も、一部と二部の最後に弾いて2曲弾きました。
それでも、時間があまる感じなら、前のページで書いたように
先生が生徒の演奏の前にコメントを言ってから曲に入る…ということもしました。

小さい生徒さん、中学年、高学年、上級者がバランスよくいる場合は
パートナーの先生とよく話しあって、プログラム構成をしましょう。

合同発表会というのは、一人よりもずっと負担は軽いです。
軽いですが、お互い日々のレッスンがあるので、しょっちゅうミーティング
する機会がとりにくいので、そういったミーティングや連弾の練習の機会を
確保することは大切です。

会計を含め、どっちが何をするかという仕事分担もちゃんとしておきましょう。

仕事分担、会計について詳しくは「心に残る発表会の開き方」に掲載☆